耐久性について。

耐久性について。

耐久性について。 640 500 【公式】光触媒Cutalyst

いつもお世話になっております。
株式会社RISING INNOVATION 営業部、部長の大石です👓

本日はよく加盟店様からお問合せ頂く耐久年数についてお話致します❗️

内装用光触媒Cutalystは約1~2年の長期効果持続と謳っております。
(外壁用CutalystExは約15年)

理由は、
・成分内の銅紛、銀紛がイオン化してだんだん削れてなくなる。
(菌やウイルスを分 解する度に少しづつ削れていくというイメ-ジです)
・日々の生活や掃除によるメンテナンスなどのダメージ
です。

約1~2年と謳うのは、メンテナンス方法や頻度によってダメージが違う為です。毎日掃除する風呂とあまり触らないリビングのクロスでは日々のダメージが違いますよね?

これは皆様がお使いになられる車のフロントガラス撥水コーティングの記載も同じで、雨の多い地域とそうでない地域はワイパーの使用頻度、紫外線や洗車方法など様々な要因によるコーティングへのダメージが違うので〇~〇年という表記です🌱

施工場所のメンテナンス回数や方法、力加減にも個人差があるので、一概に言えませんので約1~2年となっております。

しかし、他社光触媒と比較したときに、光触媒Cutalystは配合成分フッ素樹脂
(ナフィオン)の効果で圧倒的に耐久性が高いことは胸を張って言えます✨

ほぼ全ての光触媒塗料にフッ素樹脂(ナフィオン)は入っておりません。
原材料が100㏄で5万円ほどする高級品であるからです。

フッ素樹脂(ナフィオン)など耐久性ある成分の配合されていない光触媒は、酸化チタンと水やアルコールなどの水分を混ぜて噴霧し、乾いたら張り付くでしょ?という原理です。
小麦粉を混ぜた水をイメージして下さい。
確かに付着しますが、日々のメンテナンスで長期間付着し続けるでしょうか?
水周りにも弱いです。酸化チタンが水で流れてしまいます。
外壁塗装の光触媒は従来、酸化チタンを固定化させる為に下地バインダー(粉を付着させる糊のイメージ)が必要な程なので。
※外壁用CutalystExはフッ素樹脂が入る事でバインダー要らずの1度吹き施工の特許も取得しております🌈

フッ素は紫外線や雨風からの長期間ダメージを守る外壁塗装の塗料にも使われており、非常に強力な薄い塗膜を形成し、耐久力が強いので、Cutalystは水周りにも強い!!

これが強みの一つ【耐久性】です❗️

他社光触媒製品の中には、半永久効果持続などと記載のある製品もあります。
確かに酸化チタン(光触媒)は半安定で変化しないので寿命は半永久的ですが、施工した場所にはたして半永久的に付着し続けるでしょうか❓

誇大広告にはご注意下さい。
弊社も誇大広告を避けるために加盟店様にはチラシなどの販促品は公式の物を使って頂いております。

エンドユーザーの方は初めて光触媒を耳にするとき良いものだと思われますが、光触媒と言っても様々な塗料があります。

中でも最強なCutalystを一人でも多くの方に知って頂ける様に日々精進致します❗️

より良い物を皆様に💫

手厚いサポートがモットーの大石でした♪

・コロナ禍において、お客様に「本物」の除菌サービスを提供したい
・時代に即した新規ビジネスに参入したい
・他社との決定的な差をつけたい
という皆様、ぜひ当社へお気軽にお問い合わせください🌈✨

◆時代に合った新規ビジネスを取り入れたい
◆他社との圧倒的な差別化を図りたい
◆アップセルやクロスセルといったプラスのサービスを提案したい
◆売上、利益率を上げたい
◆コロナ禍でも仕事量を確保したい
一つでも当てはまる企業様、個人の方、是非お問合せ下さい

ー株式会社RISING INNOVATIONー
大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F
050-7586-8441
担当者:大石 隼登